ほうき星 下

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年12月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784048739054

ほうき星 下

  • 著者 山本 一力
  • 装丁 川上 成夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年12月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784048739054

祖母の志か、父から受け継いだ技か。さちは自らの進むべき道へと踏み出す。

絵師としての天分を発揮したさちは、幼馴染みの幹太郎へ気持ちに結論を出すため、珊瑚商いの要でもある土佐の地を踏む。運命に翻弄されつつも、足下をしっかりと見つめ、自分らしい生き方を選ぶために。感動の物語!
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「ほうき星 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 山本一力さん、期待していたのだけれど思っていたのと少し違った。さちの人生は波乱万丈ではあるけれど、どこか燻った感じで最後まで肩入れできなかった。さちの苦労があまり実感できなかったかなぁという印象。一力 山本一力さん、期待していたのだけれど思っていたのと少し違った。さちの人生は波乱万丈ではあるけれど、どこか燻った感じで最後まで肩入れできなかった。さちの苦労があまり実感できなかったかなぁという印象。一力さん初めてなので、もうひと作品ぐらい読んでみるつもり。 …続きを読む
    2015年07月19日
    34人がナイス!しています
  • さちさんには最後まで違和感だけがありました。 才能豊かな良い人なのはわかるのですが、脇役ともいえる、うお金の皆のほうが面白いかな。 土佐のクジラ捕りの話には感動しました。 鯨への敬意、感謝の気持ちには さちさんには最後まで違和感だけがありました。 才能豊かな良い人なのはわかるのですが、脇役ともいえる、うお金の皆のほうが面白いかな。 土佐のクジラ捕りの話には感動しました。 鯨への敬意、感謝の気持ちにはグッときました。 この物語の中で唯一ウルッときたところ。  …続きを読む
    ぶんこ
    2015年01月27日
    32人がナイス!しています
  • 連載小説だったためか一つ一つの話は面白いのだが、つながりが今少しなのは残念。 主人公の波乱のある人生は理解できたが、これからというところで終わってしまったのは残念。 続編があるのだろうか? 連載小説だったためか一つ一つの話は面白いのだが、つながりが今少しなのは残念。 主人公の波乱のある人生は理解できたが、これからというところで終わってしまったのは残念。 続編があるのだろうか?
    Makoto Yamamoto
    2018年10月24日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品