左近の桜

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年07月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784048738279

左近の桜

  • 著者 長野 まゆみ
  • 装丁 松田 行正
  • イラスト 望月 通陽
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年07月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784048738279

匂いたつかぐわしさにほろ酔う、大人のための連作奇譚

武蔵野にたたずむ料理屋「左近」。じつは、男同士が忍び逢う宿屋である。宿の長男で十六歳の桜蔵にはその気もないが、あやかしの者たちが現れては、交わりを求めてくる。そのたびに逃れようとする桜蔵だが…。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「左近の桜」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 看板も出さずひっそりと佇む日本家屋、左近のお宿は人目を憚る恋人たちの逢瀬のお宿。そんな宿の息子桜蔵は、しばしばこの世ならざる「男」を引き込んでしまう。 天窓にさす桜の花あかりで、吹き込む花弁とともにひ 看板も出さずひっそりと佇む日本家屋、左近のお宿は人目を憚る恋人たちの逢瀬のお宿。そんな宿の息子桜蔵は、しばしばこの世ならざる「男」を引き込んでしまう。 天窓にさす桜の花あかりで、吹き込む花弁とともにひのきの湯船につかり、酒器を盆にのせて縁さきへでては盃の面に蒼い月を映す。雪見をしようと弟とふたり布団を敷く。四季を慈しむ生活と、妖とのふしぎな逢瀬。長野さんの描写にしみじみとうっとり読み惚れる作品。が、どうにもBL色が強くて、そういう描写がある度つまづいていまいち入り込めなかった私…精進足りません、うむ。 …続きを読む
    ちなぽむ
    2019年03月30日
    153人がナイス!しています
  • 夢と現の狭間にいるような感覚になります。妖を引き寄せてしまう桜蔵。少年なのに「女」と見られてしまうのがまさに幻想のようでした。官能的でありながら清廉な雰囲気なのはやはり長野さんならでは。怪異の世界に酔 夢と現の狭間にいるような感覚になります。妖を引き寄せてしまう桜蔵。少年なのに「女」と見られてしまうのがまさに幻想のようでした。官能的でありながら清廉な雰囲気なのはやはり長野さんならでは。怪異の世界に酔い仕入れる感覚が好みです。続編も続けて読みます。 …続きを読む
    優希
    2015年11月04日
    89人がナイス!しています
  • とても読みやすい綺麗な文章で、ときおりどきりとする感じ。お父さんも弟もお母さん二人も魅力的。桜蔵はなぜ受け入れてしまうのか?そこが彼の体質と言ってしまえばそれまでだけど。蝶とか花とか描写が艶やか。続編 とても読みやすい綺麗な文章で、ときおりどきりとする感じ。お父さんも弟もお母さん二人も魅力的。桜蔵はなぜ受け入れてしまうのか?そこが彼の体質と言ってしまえばそれまでだけど。蝶とか花とか描写が艶やか。続編があるとのことなのでそちらも読んでみようかなぁ。 …続きを読む
    himawa
    2014年11月08日
    53人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品