甘栗と金貨とエルム

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年09月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784048737166

甘栗と金貨とエルム

  • 著者 太田 忠司
  • イラスト ミギー
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年09月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784048737166

青春は、苦くてあまい――太田忠司が送る、青春ミステリ!!

17歳の高校生・甘栗晃は、探偵だった父親が急死したため、父親の案件を引き継ぐことに。「美枝子は鍵の中に」という謎めいた文章を頼りに依頼人の母親探しをする晃は、ついに母親を見つけるが…!? 高校生探偵、


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「甘栗と金貨とエルム」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読友さん情報で「主人公が古典部のホータローっぽい」と聞き、かねてより読んでみたかった1冊。YA向けライトミステリという印象かな。確かに甘栗君、ホータローっぽくもあり小市民の小鳩君ぽくもある。幼い頃母を 読友さん情報で「主人公が古典部のホータローっぽい」と聞き、かねてより読んでみたかった1冊。YA向けライトミステリという印象かな。確かに甘栗君、ホータローっぽくもあり小市民の小鳩君ぽくもある。幼い頃母を亡くし、たったひとりの肉親だった探偵業の父を交通事故で亡くした甘栗君。あまり記憶のない父の葬儀、ひとりで住む家の広さやひとりの食事など、随所にぽかんと孤独を感じる場面があり、男の子だからはっきりは言わないだけに寂しい気持ちが余計伝わってきた。名古屋ソウルフードてんこ盛りで作者の「名古屋愛」が伝わってくる。 …続きを読む
    しろいるか
    2011年08月22日
    71人がナイス!しています
  • 探偵だった父親が急死し、ひょんなことから父のやり残した仕事を引き受けることになった少年が主人公でした。17歳にしては妙に大人びた感じでしたが、ストーリーの流れ的には彼のようなタイプの方がいいのかな、と 探偵だった父親が急死し、ひょんなことから父のやり残した仕事を引き受けることになった少年が主人公でした。17歳にしては妙に大人びた感じでしたが、ストーリーの流れ的には彼のようなタイプの方がいいのかな、と思いました。母を探してほしいという少女も、ひねくれた感じですが、憎めない感じでした。 …続きを読む
    そのぼん
    2013年02月22日
    67人がナイス!しています
  • 探偵をしていた父が交通事故で急死し、天涯孤独になった高校生の甘栗君は、父親が死ぬ前に12歳の少女から受けていた彼女の失踪した母親探しを代わりにしているうちに、父親の死のショックから立ち直り、少し前向き 探偵をしていた父が交通事故で急死し、天涯孤独になった高校生の甘栗君は、父親が死ぬ前に12歳の少女から受けていた彼女の失踪した母親探しを代わりにしているうちに、父親の死のショックから立ち直り、少し前向きになれたかな。怪しげな友達の直哉は活かし切れてないので、続きがあるのかしら?舞台は名古屋☆食のワンダーランドだね☆彡そしておばさん達が未成年の前で煙草を平気で吸いまくる中で、藤森さんがマトモでかっこよかった☆ …続きを読む
    hirune
    2014年06月26日
    65人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品