傘の自由化は可能か

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年11月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784048839150

傘の自由化は可能か

  • 著者 大崎 善生
  • デザイン 鈴木成一デザイン室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年11月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784048839150

『パイロットフィッシュ』の作家が贈る、静謐でナイーブなエッセイ集。

駅やコンビニ、飲み屋などに誰もが好きなときに利用できる“自由な傘”を置いておく――理想的な共有のシステムを夢見た若い青年……。ベストセラー『パイロットフィッシュ』へと通じる静かな思索の日々。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「傘の自由化は可能か」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 筆者大崎さんは素敵なおじ様だろうと思ったエッセイ集。長さがいろいろで、かなり重複もしているし、出来事より書くことへの思いが多かったのは珍しい。物書きの苦しみもよく表れていた。釣りや料理の編では笑った。 筆者大崎さんは素敵なおじ様だろうと思ったエッセイ集。長さがいろいろで、かなり重複もしているし、出来事より書くことへの思いが多かったのは珍しい。物書きの苦しみもよく表れていた。釣りや料理の編では笑った。 …続きを読む
    みさどん
    2018年03月26日
    14人がナイス!しています
  • 日経連載分を含むエッセイ集。 小説の元ネタに実体験が多く含まれている。 「ドナウよ、静かに流れよ」も半分ルポだったのか。 日経連載分を含むエッセイ集。 小説の元ネタに実体験が多く含まれている。 「ドナウよ、静かに流れよ」も半分ルポだったのか。
    貧家ピー
    2006年12月26日
    1人がナイス!しています
  • 題名だけ見て流行りの「シェアリングエコノミー」の話か?と思って借りてみたが、40歳を過ぎてからノンフィクションライター、小説家としてデビューした方のエッセイ集だった。ヨーロッパで過ごしたことなどつらつ 題名だけ見て流行りの「シェアリングエコノミー」の話か?と思って借りてみたが、40歳を過ぎてからノンフィクションライター、小説家としてデビューした方のエッセイ集だった。ヨーロッパで過ごしたことなどつらつらと書かれていて途中でやめてしまおうか?とも思ったが、よく読むと面白い。ウィットの効いた文章、ってこういうのかも。作中で言及されている「将棋の子」、「アジアンタムブルー」など是非読みたくなりました。 …続きを読む
    Junya Akiba
    2016年01月17日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品