カポネ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年12月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
552
ISBN:
9784048736589

カポネ

  • 著者 佐藤 賢一
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年12月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
552
ISBN:
9784048736589

西洋歴史小説の雄が初めて挑んだ「アメリカ」。興奮と感動の傑作悪漢小説!

20世紀初頭のNY、青年アル・カポネは度胸の良さを買われ地元ギャングのボスが経営するクラブのバーテンに。やがてこの青年が裏社会を支配する闇の帝王になろうとは……。西洋歴史小説の雄がものした傑作悪漢小説


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「カポネ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 人生はいつどこでどんな人と出会い道が分からないが選んだ道で一生懸命生きて行く決意を持てばピンチをチャンスに変えることが出来る。組織を固め統合して行く時は、問題も起きその対処の仕方で組織が引き締まる。事 人生はいつどこでどんな人と出会い道が分からないが選んだ道で一生懸命生きて行く決意を持てばピンチをチャンスに変えることが出来る。組織を固め統合して行く時は、問題も起きその対処の仕方で組織が引き締まる。事を成すという事は頂点を目指して成果を最大に出来る仕組みを作って行く。組織を管理して仕事を与え責任を持たせるカポネは組織と責任、信頼と裏切りは許さない姿勢で頂点を取りビジネスモデルを作った命懸けの経営者だ。沈着冷静で冷酷だが魅力あるマフィアだ …続きを読む
    手押し戦車
    2014年06月15日
    13人がナイス!しています
  • アル・カポネの少年期から裏社会を牛耳るまでの武勇伝『暗黒街の帝王』と、カポネ逮捕に奔走するエリオット・ネスの『アンタッチャブル』の二本立て。最終的には二人共寂しい最期だが、悲劇のアメリカ人・カポネ、転 アル・カポネの少年期から裏社会を牛耳るまでの武勇伝『暗黒街の帝王』と、カポネ逮捕に奔走するエリオット・ネスの『アンタッチャブル』の二本立て。最終的には二人共寂しい最期だが、悲劇のアメリカ人・カポネ、転落人生のネスという対比で締めている。カポネはまさに絵に描いたようなギャングそのものだったが、情に厚く多くの人に社会の恩恵を与えようとする姿はクールと賞賛されるのも納得の人物像。なにより天才的な頭脳にはリスペクトさえ感じた。一方ネスは中二病をこじらせたカポネ信者のアル中という最悪の印象。夢中で読む程面白かった。 …続きを読む
    2014年04月24日
    7人がナイス!しています
  • カポネのことは、「アンタッチャブル」などの映画で描かれいる姿しか知らなかったので。関連のノンフィクションを元に書かれたフィクション小説なのだが、カポネ像が生き生きとしていて、情に厚く、家族を含めて身内 カポネのことは、「アンタッチャブル」などの映画で描かれいる姿しか知らなかったので。関連のノンフィクションを元に書かれたフィクション小説なのだが、カポネ像が生き生きとしていて、情に厚く、家族を含めて身内思いの男として描かれる。さらに言うならば頭のキレる男。あの世界で成長していく上で、避けては通れない問題、ジョニーやフランキーへの対応などは、情だけではなく、冷徹さも見える。後半エリオット・ネスの視点になってからは、ネスの承認欲求が凄まじくて、刷り込まれたイメージとは異なって驚くものの、総合的に面白かった。 …続きを読む
    たみき/FLUFFY
    2018年05月28日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品