道三堀のさくら

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年12月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784048736657

道三堀のさくら

  • 著者 山本 一力
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年12月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784048736657

人の想いだけは、自分の意のままにならぬもの・・・。一力節が冴え渡る!

江戸時代、水道の開通を阻まれた大川から東では、人々は、暮らしに欠かせない水を「水売り」から買い求めた。龍太郎は、言い交わしたおあきといつか所帯を持とうと懸命に働く、そんな水売りの一人だが・・・。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「道三堀のさくら」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大川の西側には今で言う水道が敷設されていたが、大川の東・深川界隈は井戸を掘っても塩水しか出てこない。そこで「水売り」という商売が成立する。父・龍造の商売を継いだ水売り・龍太郎が主人公。水売りの元締めと 大川の西側には今で言う水道が敷設されていたが、大川の東・深川界隈は井戸を掘っても塩水しか出てこない。そこで「水売り」という商売が成立する。父・龍造の商売を継いだ水売り・龍太郎が主人公。水売りの元締めと利権を争う黒船組との抗争を描く「水、涸れて」がおもしろい。保身を図る役人との駆け引きを描き、痛快な結末となる。深川の蕎麦屋・「しのだ」は龍太郎の得意先。親方の繁三は腕の立つそば職人。娘のおあきは看板娘。龍太郎とおあきは周囲も認める仲。 …続きを読む
    藤枝梅安
    2009年09月20日
    4人がナイス!しています
  • うーむ、おあきもおあきの母親もちょっと身勝手すぎないかい!と思ってしまった。なんだかなぁ~、である。 うーむ、おあきもおあきの母親もちょっと身勝手すぎないかい!と思ってしまった。なんだかなぁ~、である。
    しろっこ
    2013年08月06日
    3人がナイス!しています
  • 途中までは面白かった。最終章がいけない。人情噺はちゃんとおとしてもらわないと。 途中までは面白かった。最終章がいけない。人情噺はちゃんとおとしてもらわないと。
    がぁ
    2012年12月04日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品