羅城門の怪 異界往来伝奇譚

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年02月06日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
232
ISBN:
9784047033603

羅城門の怪 異界往来伝奇譚

  • 著者 志村 有弘
  • 装丁 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年02月06日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
232
ISBN:
9784047033603

平安京の正門、羅城門。そこは異界への入り口だった――。

鬼が棲むと信じられていた羅城門、百鬼夜行の通り道であった朱雀門、閻魔王庁への入り口であった井戸など、古くから門、橋、水は異界への入り口と考えられていた。それらに纏わる怪異譚を数多く紹介し、考察する。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「羅城門の怪 異界往来伝奇譚」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 羅城門にまつわるものを中心に、さまざまな古典文献に登場する怪異伝承を紹介・考察する内容。この本自体にはストーリー性はありませんが、多種多様な説話とその出典元が俯瞰できるので参考になりました。芥川龍之介 羅城門にまつわるものを中心に、さまざまな古典文献に登場する怪異伝承を紹介・考察する内容。この本自体にはストーリー性はありませんが、多種多様な説話とその出典元が俯瞰できるので参考になりました。芥川龍之介と火野葦平の「羅生門」比較が面白かった。 …続きを読む
    てらこ
    2019年08月30日
    11人がナイス!しています
  • 主に平安時代の怪異についての記述が中心。鬼や天狗、境についてなど割と広範囲に渡って紹介されている。こういうのを読むと、やはり平安時代の夜はとても深い闇に包まれていたのだと思い知らされる。ただその闇は非 主に平安時代の怪異についての記述が中心。鬼や天狗、境についてなど割と広範囲に渡って紹介されている。こういうのを読むと、やはり平安時代の夜はとても深い闇に包まれていたのだと思い知らされる。ただその闇は非常に蠱惑的なものに思えるのだが。ところで以前散歩中に偶然羅城門跡の碑を見つけたことがあるが、何処にでもあるような公園に様変わりしていた。千年の断絶はとても深いなあ。 …続きを読む
    HANA
    2011年05月29日
    5人がナイス!しています
  • 夢枕獏の陰陽師シリーズを思い出しながら読んだら、本の中で言及されていた。羅城門跡は行ったことがあり、本当になんでもない公園にぽつんと石碑があるだけだった。読みやすく面白いので良かった。平安朝の歴史をも 夢枕獏の陰陽師シリーズを思い出しながら読んだら、本の中で言及されていた。羅城門跡は行ったことがあり、本当になんでもない公園にぽつんと石碑があるだけだった。読みやすく面白いので良かった。平安朝の歴史をもっと詳しく知りたくなる。 …続きを読む
    みなみ
    2018年10月14日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品