野の花

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年09月26日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784048837828

野の花

  • 著者 浅川 トオル
  • 編者 森沢 明夫
  • デザイン 吉永 哲也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年09月26日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784048837828

身近で可憐な野の花の写真を眺めながら「知的冒険旅」を楽しめる一冊

クローバーで知られる「シロツメクサ」の由来は、江戸時代にオランダがガラス製品を船荷で送る際、クッションがわりの「詰め草」として使ったから…解説&エピソードと美しい写真で綴った「野の花」のバイブル。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「野の花」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『蜜蜂や天道虫の視点で』道端になにげなく咲いている野草を、ざっくりと「二十四節気」にあてはめて紹介した一冊。見たことはあるのに名前を知らない野草がたくさん掲載されていて、ちょっとしたトリビアや薬効、食 『蜜蜂や天道虫の視点で』道端になにげなく咲いている野草を、ざっくりと「二十四節気」にあてはめて紹介した一冊。見たことはあるのに名前を知らない野草がたくさん掲載されていて、ちょっとしたトリビアや薬効、食べ方飲み方まで、実に幅広い内容となっています。野の花を詠んだ歌(万葉集から小林一茶の時代まで)が所々に添えてあるのもまた風情があって良かったです(訳文は掲載されていないので、雰囲気で感じたり、ネットで訳文を探したりしながらですが(^^;)。この本を読んだら、ついつい道草を食いたくなるかもしれません♪ …続きを読む
    Natsuki
    2015年10月16日
    59人がナイス!しています
  • 二十四節気に合わせてめぐる道端の野草。野草たちはこんなにも愛らしく足元で季節を表している。これを読んだ今、大地が奏でるメロディーをもっと感じられるようになったらいいのになと思う。本書の野草は埼玉県志木 二十四節気に合わせてめぐる道端の野草。野草たちはこんなにも愛らしく足元で季節を表している。これを読んだ今、大地が奏でるメロディーをもっと感じられるようになったらいいのになと思う。本書の野草は埼玉県志木市で撮影されたものを中心に掲載されている。写真・構成は浅川トオルさん、文は森沢明夫さん。森沢さんて小説以外にこんな本も書かれているんだなぁ。 …続きを読む
    caramel
    2017年09月06日
    34人がナイス!しています
  • 名前も知らない、道端に咲く花々の図鑑。食べられる花が意外に多い。シロツメクサを感想させてお茶にすると、利尿・解熱・下痢止めの効果があるのだそうな。 名前も知らない、道端に咲く花々の図鑑。食べられる花が意外に多い。シロツメクサを感想させてお茶にすると、利尿・解熱・下痢止めの効果があるのだそうな。
    かんちゃん
    2015年08月08日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品