見仏記 親孝行篇

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年11月18日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
260
ISBN:
9784048837811

見仏記 親孝行篇

  • 著者 いとう せいこう
  • 著者 みうら じゅん
  • 装丁 安齋 肇
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年11月18日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
260
ISBN:
9784048837811

二人っきりで見仏、ついでに親孝行もしてみました! シリーズ第四弾!

小学生の頃からの筋金入り仏像好き・みうらが、親友いとうを巻き込んで始まった見仏記。秘仏めぐり、海外巡礼を経て、今回ものしたテーマはずばり、親孝行! みうら母、いとう父が初登場、更にパワーアップの第四弾


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「見仏記 親孝行篇」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 地元のお寺、羽賀寺は、部活で遅刻ペナルティとして羽賀寺ラン(羽賀寺まで行って帰ってくる)をよくさせられたので懐かしい(笑)でも、いくら仏閣が密集してても一つ一つの距離はそれなりにあるので、雪の降る中レ 地元のお寺、羽賀寺は、部活で遅刻ペナルティとして羽賀寺ラン(羽賀寺まで行って帰ってくる)をよくさせられたので懐かしい(笑)でも、いくら仏閣が密集してても一つ一つの距離はそれなりにあるので、雪の降る中レンタサイクルで回るのは無謀やな。謎多き人の印象があったみうらさんは、いとうさんのフィルターを通して見るとシャイで優しい男性に変わった。しかし初対面の人には『絵葉書買ったら、トゥーハンドレッドって言われた』とか、宿では女将にピンク色の雨傘を渡される始末。親孝行できて何より。カニには見放されたけど。 …続きを読む
    スノーマン
    2014年06月26日
    24人がナイス!しています
  • 始めて読みました。アジアや国内旅行に行けば、毎回、一度くらいは仏さまを見ることになります。仏さまを見せてもらうときは、自分の内側のあれこれも大事だと思いました。 始めて読みました。アジアや国内旅行に行けば、毎回、一度くらいは仏さまを見ることになります。仏さまを見せてもらうときは、自分の内側のあれこれも大事だと思いました。
    RYOKO
    2018年03月04日
    5人がナイス!しています
  • 今回は仏像の見方以上に、いとう親子に接するみうら氏、みうら親子に接するいとう氏と楽しみが満載でした。まさに旅の醍醐味を感じる一冊ですね。 今回は仏像の見方以上に、いとう親子に接するみうら氏、みうら親子に接するいとう氏と楽しみが満載でした。まさに旅の醍醐味を感じる一冊ですね。
    のっちん
    2015年05月16日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品