水の繭

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年07月19日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784048733786

水の繭

  • 著者 大島 真寿美
  • 装丁 鈴木成一デザイン室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年07月19日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784048733786

そっとその場にたたずんで、優しく包み込んでほしい、繊細で透明な物語

心にぽlっかり穴をかかえたわたしのもとに転がり込んできた家出少女の従姉妹、瑠璃。双子の片割の思いがけない変化、個性あふれる人とのめぐりあいで、次第に癒されていくとうこちゃんの心の機微のみずみずしさ

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「水の繭」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • とっても濃厚な家族小説。登場人物達の性格や思いがつかみやすい。自分に近いところがあるのかな?だから、読み進めるうちに、自分も家族の一員になって、いろんな体験を共にして、読み終わる頃には、ちょっぴり前に とっても濃厚な家族小説。登場人物達の性格や思いがつかみやすい。自分に近いところがあるのかな?だから、読み進めるうちに、自分も家族の一員になって、いろんな体験を共にして、読み終わる頃には、ちょっぴり前に進んだような気持ちになった。そっと応援してくれる言葉が所々で光っている。人により拾う言葉は違うだろう。私は、とうこの父の言葉が心に残る。「見極める目を濁らせるな。いつも澄んだ目を持ち続けて、こっちの方がいいな、ましだなと思う方へ移動して行け」。止まってしまいそうな時、選択肢を広げてくれる力強い言葉です。 …続きを読む
    tokotoko
    2013年09月22日
    47人がナイス!しています
  • とうこが自分やみんなの力を信じたいと思ったラストから、力強い心の成長を感じた。トラウマや喪失感から見事に脱出したようだ。とうこだけでなく、瑠璃、陸、遊子さん、お母さんそれぞれが心を強く持って成長し、自 とうこが自分やみんなの力を信じたいと思ったラストから、力強い心の成長を感じた。トラウマや喪失感から見事に脱出したようだ。とうこだけでなく、瑠璃、陸、遊子さん、お母さんそれぞれが心を強く持って成長し、自分の繭から完全に出る日も近い、水を被った町の恢復のように。登場人物それぞれが心に問題を抱えて生きていたが、関わり、語り合い、気持ちが変化していくこれはとてもた大切なことだな、と改めて思った。異なる視点での指摘、思い違いがわかる、真実を知る、これは伝える、語る、行動することにより得られるものだ。柔らかさの中に力 …続きを読む
    ねこにゃん@しばらくつぶ少なめ
    2013年03月01日
    33人がナイス!しています
  • 母と双子の兄である陸と別れ、父と共に暮らすことになったとうこ。父を突然の死で失った時、彼女の時間は止まってしまう…。自分だけが取り残されてしまったという思い。それは自分だけが抱えていた思いではなかった 母と双子の兄である陸と別れ、父と共に暮らすことになったとうこ。父を突然の死で失った時、彼女の時間は止まってしまう…。自分だけが取り残されてしまったという思い。それは自分だけが抱えていた思いではなかった。従姉妹の瑠璃、ご近所の茂さんと遊子さん、セージくん、祖母、そして再会した陸。ひと夏の人々との触れ合いの中で、そう気づくことができた時、彼女の時間は再び静かに動き始める。小さな出来事、小さな会話で、ゆっくりと彼女の心が癒され再生していく様子を、柔らかく描いた大島真寿美の佳作。題名を美しく表現した装丁が素敵。 …続きを読む
    yumiko
    2014年08月27日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品