フォア・フォーズの素数

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年08月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
360
ISBN:
9784048733434

フォア・フォーズの素数

  • 著者 竹本 健治
  • 装丁 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年08月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
360
ISBN:
9784048733434

『閉じ箱』から八年、待望の短編集刊行!

ミステリからホラー、ファンタジーまで。多彩かつ濃厚な竹本健治ワールドを凝縮した一冊!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「フォア・フォーズの素数」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 12編の短編集。SFだったりミステリだったりバイオレンスだったり、様々なエッセンスの散りばめられた作品です。引き出しの多い作家さんなのだろうか。正直ぴんとこない作品もあったのだけれど、1編1編が短いの 12編の短編集。SFだったりミステリだったりバイオレンスだったり、様々なエッセンスの散りばめられた作品です。引き出しの多い作家さんなのだろうか。正直ぴんとこない作品もあったのだけれど、1編1編が短いのでまぁよしとする。多様なんだけれど、まとまってるんだかまとまってないんだか、、、という微妙な読後感を抱きます。表題作と「メニエル氏病」「白の果ての扉」が良かったです。カレー怖い。 …続きを読む
    kai_sou@十五夜読書会
    2014年07月12日
    7人がナイス!しています
  • 奇才竹本の短編集。特に面白かったのは次の3編。「フォア・フォーズの素数」は地味だけれどフォア・フォーズゲームの過程が大変スリリング。ラストはかっこいい。「メニエル氏病」はすばらしきアンチミステリ。芸者 奇才竹本の短編集。特に面白かったのは次の3編。「フォア・フォーズの素数」は地味だけれどフォア・フォーズゲームの過程が大変スリリング。ラストはかっこいい。「メニエル氏病」はすばらしきアンチミステリ。芸者と宇宙旅行はシュール。「空白のかたち」は前向性健忘という題材をうまく料理している。 …続きを読む
    放言者
    2009年11月22日
    4人がナイス!しています
  • 「涙香迷宮」では圧倒されっぱなしで感想すらまとめられなかったが、この作家さん好きかも。 「涙香迷宮」では圧倒されっぱなしで感想すらまとめられなかったが、この作家さん好きかも。
    kogoty
    2017年08月26日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品