中・ロ国境4000キロ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年03月07日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784047033511

中・ロ国境4000キロ

  • 著者 岩下 明裕
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年03月07日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784047033511

冷戦終結後の中・ロ国境の実相を「蟻の眼」で描くアカデミック・ルポ!

冷戦後、中・ロ国境は新たな交流の場になるのか、あるいは火種の地となるのか。日本の21世紀を考える上で避けては通れない東北アジア情勢を知る1冊。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「中・ロ国境4000キロ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2003年刊。北朝鮮とも接する図們江からモンゴルにも近い満州里まで4000キロに及ぶ中ロ国境、ペレストロイカ期から始まった国境画定交渉によってこの国境域がどうなったのかを現地調査から明らかにしたもので 2003年刊。北朝鮮とも接する図們江からモンゴルにも近い満州里まで4000キロに及ぶ中ロ国境、ペレストロイカ期から始まった国境画定交渉によってこの国境域がどうなったのかを現地調査から明らかにしたものです。両国とも広大すぎる領土を有している一方で、画定交渉の内実は川の中洲になっている島をどちらに帰属させるかという実にわずかな土地をめぐる争いだったりするわけですが、そこには帝国ロシアの侵略による外満州の帰属問題も横たわっていたりしてなかなか厄介。地図はもう少し欲しかったですが、調査の密度には圧倒されます。 …続きを読む
    アメヲトコ
    2019年06月27日
    6人がナイス!しています
  • テーマもさることながら、アカデミアとジャーナリズムの「あいだ」という概念が読みにくいテーマを面白く読ませていたと感じる テーマもさることながら、アカデミアとジャーナリズムの「あいだ」という概念が読みにくいテーマを面白く読ませていたと感じる
    shilo
    2011年06月13日
    0人がナイス!しています
  • 5章の最後の3行を読んで、なぜスラ研で働けたのかの一端がわかった気がした。こういう問題があるから読んでといわれたら5年前素直に読んでいただろう。そうしたらここまで回り道することなかったのにな。 5章の最後の3行を読んで、なぜスラ研で働けたのかの一端がわかった気がした。こういう問題があるから読んでといわれたら5年前素直に読んでいただろう。そうしたらここまで回り道することなかったのにな。
    samandabadra
    2010年07月31日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品