尼さんがころんだ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2001年01月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
176
ISBN:
9784048836531
ニコカド祭り2020

尼さんがころんだ

  • 著者 麻生 佳花
  • 装丁 長尾 敦子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2001年01月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
176
ISBN:
9784048836531

愛すべきボケぶりを発揮してお気楽な日々を過ごす尼さんに、仏さんがつっこんだ!前作『尼は笑う』が大好評の尼さんエッセイ第2段。悩みや失敗、生や死も「ぼちぼち考えましょ」の麻生節が、心の凝りをほぐします。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「尼さんがころんだ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「出家」という言葉からは連想もできない調子の良い軽い日々。ただ、どんなに楽しい話でも最後に響く余韻がなかなか抜けず考えさせられてしまうのはやはり尼さんの言葉だからなのかなあと思う。プロフィールの「現在 「出家」という言葉からは連想もできない調子の良い軽い日々。ただ、どんなに楽しい話でも最後に響く余韻がなかなか抜けず考えさせられてしまうのはやはり尼さんの言葉だからなのかなあと思う。プロフィールの「現在はフリーの尼」という一言がツボに入った。尼さんにフリーとかあるんだ・・!!まだまだ世界は知らないことばかり。深いなあ。 …続きを読む
    ミナコ@灯れ松明の火
    2011年04月11日
    12人がナイス!しています
  • 『尼さんはつらいよ』を読んだあとなので、「僧と尼では男女差別はない」「尼さんは真面目な人が多い」とうの発言を、そのまま信じることができなかった。しかし、麻生さんの人柄が感じられる内容でした。尼としてで 『尼さんはつらいよ』を読んだあとなので、「僧と尼では男女差別はない」「尼さんは真面目な人が多い」とうの発言を、そのまま信じることができなかった。しかし、麻生さんの人柄が感じられる内容でした。尼としてでなく、ちょっと変わった女性のエッセイとして読むと素直に楽しめます。 …続きを読む
    いつま
    2017年02月04日
    0人がナイス!しています
  • 丁寧で穏やかで謙虚に書かれているものを読んでいると自分の心も自然とそちらに沿っていくような本でした。肩の力を抜いてリラックス出来る、けど、学びもある。良き本でした。 丁寧で穏やかで謙虚に書かれているものを読んでいると自分の心も自然とそちらに沿っていくような本でした。肩の力を抜いてリラックス出来る、けど、学びもある。良き本でした。
    いと
    2019年08月09日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品