レオナルド・ダ・ヴィンチという神話

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年12月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784047033597

レオナルド・ダ・ヴィンチという神話

  • 著者 片桐 頼継
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年12月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784047033597

レオナルドはなぜフレスコ画を残さなかったか?「万能の天才」の真実に迫る

「万能の天才」として名高いルネサンスの巨人、ダ・ヴィンチ。さまざまな顔をもち、あまりにも神格化されて見えなくなったその実像を、イメージ・クリエーターとしてのレオナルドという新視点から解明。

〈目次〉
序章 神格化されたレオナルド

第一章 フレスコ画を描かない画家
 一 システィーナ礼拝堂の壁画プロジェクトに参加しなかったレオナルド
 二 ヴェロッキオ工房で修業したこと、しなかったこと
 三 超えられない先輩ボッティチェッリ
 四 〈東方三博士の礼拝〉─先達への挑戦

第二章 新天地ミラノでの活動
 一 ミラノ着任の経緯
 二 素描リストの意味
 三 技師・発明家・建築家としての真価

第三章 宮廷芸術家の立場と活動
 一 舞台美術家としてのレオナルド
 二 音楽家・楽器制作者としてのレオナルド
 三 スフォルツァ騎馬像制作

第四章 最後の晩餐
 一 ついに勝ち得た最大の好機
 二 ドラマの表現を完成させたレオナルド
 三 成功と悲運

第五章 夢想家レオナルド
 一 フィレンツェ帰還
 二 〈ジョコンダ(モナ・リザ)〉と晩年のレオナルド
 三 絵画による世界の完全な視覚化を目指して

参考文献・図版出展一覧

図版目録

あとがき

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「レオナルド・ダ・ヴィンチという神話」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 現代で万能の天才と謳われているレオナルド・ダ・ヴィンチの実像に迫る。作者は「万能の天才という称号を剥ぎ取るべきだと主張しない」と言っているが、本書を読んだ結果としては同時代でもっと優れた人物がいる、と 現代で万能の天才と謳われているレオナルド・ダ・ヴィンチの実像に迫る。作者は「万能の天才という称号を剥ぎ取るべきだと主張しない」と言っているが、本書を読んだ結果としては同時代でもっと優れた人物がいる、という評価になってしまうだろう。彼は完成させた仕事は多くないし、彼のアイディアも先駆者の功績による物が多いからだ。だが「評価」という曖昧な概念ではなく、彼が本当に成し遂げた実像に迫りたい、というのが本書の目的である。 …続きを読む
    キューブ
    2016年04月19日
    0人がナイス!しています
  • 天才と言われたレオナルド・ダ・ヴィンチの、実際の生涯。不完全で、孤独で。人間レオナルドの姿はとても意外。ルーブル行きたくなるね。 天才と言われたレオナルド・ダ・ヴィンチの、実際の生涯。不完全で、孤独で。人間レオナルドの姿はとても意外。ルーブル行きたくなるね。
    mariner
    2011年04月25日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品