夜啼きの森

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2001年07月03日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784048733014
ニコカド祭り2020

夜啼きの森

  • 著者 岩井 志麻子
  • イラスト 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2001年07月03日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784048733014

横溝正史『八つ墓村』から半世紀。現代に甦った伝説の大量殺人事件。

横溝正史「八つ墓村」から半世紀。昭和十三年に岡山県の寒村で起こった犯罪史上類を見ない大量殺人「津山三十人殺し」が、注目の女流作家によって現代に甦る! 凶行へと疾駆する殺人者の軌跡を描く渾身の一作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「夜啼きの森」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「鬼が来るで」「辰男じゃ。糸井の辰男じゃあ」津山三十人殺しをモデルにした小説です。職場の先輩からおすすめしていただいて、漸く読みました。小説なので名前も変えてあるのですが、じめっとした村の人々と風習と 「鬼が来るで」「辰男じゃ。糸井の辰男じゃあ」津山三十人殺しをモデルにした小説です。職場の先輩からおすすめしていただいて、漸く読みました。小説なので名前も変えてあるのですが、じめっとした村の人々と風習と、きつい方言がどろどろした空気を伝えてきました。岩井志麻子さすが。悪意がすごい。これは狂ってしまう、と思いました。読んでいるこちらまでおかしくなりそう。虔吉が悲しいです。表紙の満月が目に刺さります。黒詰め襟にゲートル、頭にナショナル懐中電灯、日本刀と猟銃を携えた姿を夢に見そう。。 …続きを読む
    2019年05月02日
    18人がナイス!しています
  • 読友様のおすすめの作品で岩井志麻子さん初読。とても不気味で、岡山の寒村が舞台で方言が強かった。津山30人殺しを題材にしていると聞いていたため、余計に恐怖を感じました。普段読まないジャンルでしたので新鮮 読友様のおすすめの作品で岩井志麻子さん初読。とても不気味で、岡山の寒村が舞台で方言が強かった。津山30人殺しを題材にしていると聞いていたため、余計に恐怖を感じました。普段読まないジャンルでしたので新鮮な気持ちで読めましたが、やはり怖いというより、やはり不気味 現実世界でも、田舎の怨恨殺人は多いらしいので、どこかリアルでゾッとしましたぁ,,,, …続きを読む
    ちどり
    2014年08月15日
    16人がナイス!しています
  • 津山三十人殺しが題材。構成の妙に唸る。岡山出身のホラー作家として書かずに通れない題材だったと思うが良い意味ですかされ、同工の多くの他作とは異なる見せ方で鬱屈した雰囲気に満ちている。村に満ちる噂と「日支 津山三十人殺しが題材。構成の妙に唸る。岡山出身のホラー作家として書かずに通れない題材だったと思うが良い意味ですかされ、同工の多くの他作とは異なる見せ方で鬱屈した雰囲気に満ちている。村に満ちる噂と「日支事変は遠くでピンとこないが間近からの礫の痛さ」、村八分なのに妙に蠱惑的な都井睦雄モデルの「辰男」。題名の通り森がおぞましい …続きを読む
    澤水月
    2020年06月30日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品