死者の鼓動

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1999年03月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784048731553
ニコカド祭り2020

死者の鼓動

  • 著者 山田 宗樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1999年03月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784048731553

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「死者の鼓動」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • すごく重いテーマでした。臓器移植ってただでさえ大変だと思うのに、こんな状況だったらいろんな人の思いが入り乱れて余計難しくなってしまいそうです。でも、しっかりと考えないといけないテーマだと感じました。 すごく重いテーマでした。臓器移植ってただでさえ大変だと思うのに、こんな状況だったらいろんな人の思いが入り乱れて余計難しくなってしまいそうです。でも、しっかりと考えないといけないテーマだと感じました。
    達ちゃん
    2017年03月09日
    46人がナイス!しています
  • 臓器移植がテーマ!医師の娘が病気で、娘の親友が転落事故で同病院に運ばれて来た!ミステリー的には、犯人は最初から怪しい(笑)けど、ストーリー的には面白く一気読み!ただ、あまり良い人生でなかったような感じ 臓器移植がテーマ!医師の娘が病気で、娘の親友が転落事故で同病院に運ばれて来た!ミステリー的には、犯人は最初から怪しい(笑)けど、ストーリー的には面白く一気読み!ただ、あまり良い人生でなかったような感じの少女が少し可哀想な気がする! …続きを読む
    あっちゃん
    2015年10月08日
    17人がナイス!しています
  • ミステリ的要素としては予想できる範囲でしたが、臓器移植という繊細なテーマを扱った小説としては高評価でした。今は関係ないと思っていてもいつ自分に降りかかる難題か誰にも分からない。考えされられました。 ミステリ的要素としては予想できる範囲でしたが、臓器移植という繊細なテーマを扱った小説としては高評価でした。今は関係ないと思っていてもいつ自分に降りかかる難題か誰にも分からない。考えされられました。
    ゆりあ
    2017年02月16日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

山田 宗樹(やまだ・ むねき)

1965年愛知県生まれ。
筑波大学大学院修了後、製薬会社で農薬の研究開発に従事。
その後『直線の死角』で第18回横溝正史ミステリ大賞を受賞し作家デビュー。
2006年に『嫌われ松子の一生』が映画、ドラマ化され大ヒット作となる。
2013年『百年法』で第66回日本推理作家協会賞を受賞。その他著作に『ジバク』『ギフテッド』など。

最近チェックした商品