生きるよすがとしての神話 キャンベル選集 II

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1996年09月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784047912465

生きるよすがとしての神話 キャンベル選集 II

  • 著者 ジョーゼフ・キャンベル
  • 訳者 古川 奈々子
  • 訳者 武舎 るみ
  • 訳者 飛田 茂雄
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1996年09月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784047912465

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「生きるよすがとしての神話 キャンベル選集 II」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • キャンベルの講演録。神話についての講演なのだけれど、話題がいろいろな方面に渡り、博識な学者なのだな、と圧倒された。東洋に言及する時、日本文化を引き合いに出す事が多く、日本人として嬉しかった。それなりに キャンベルの講演録。神話についての講演なのだけれど、話題がいろいろな方面に渡り、博識な学者なのだな、と圧倒された。東洋に言及する時、日本文化を引き合いに出す事が多く、日本人として嬉しかった。それなりに歯ごたえのある本です。 …続きを読む
    抹茶モナカ
    2015年01月12日
    15人がナイス!しています
  • 正確には角川ソフィア文庫での再版を読んだ。ジョージ・ルーカス、村上春樹、絶賛という帯。この本は講演集。「英雄が故郷を離れ、驚異に合、帰還する」という説は、この本にはあまり登場しないが、話題が多岐に渡る 正確には角川ソフィア文庫での再版を読んだ。ジョージ・ルーカス、村上春樹、絶賛という帯。この本は講演集。「英雄が故郷を離れ、驚異に合、帰還する」という説は、この本にはあまり登場しないが、話題が多岐に渡るため、キャンベルの思想の骨組みは掴みやすそうだ。東洋思想はこうだ!という断言、おそらく専門でない分野からの自由な引用などを見ていると、いまの日本で言うタレント学者であり、一次資料に当たる緻密な学術的手法を軽んじていることがわかる。それで気を引きやすい単純で面白そうな主張をするから大衆受けするのも納得。 …続きを読む
    吟遊
    2017年01月13日
    10人がナイス!しています
  • [A]宗教、精神分析学、文学、人類学など幅広い視点から神話を考察した本。おそらく訳がすばらしいのと、講演の記録なども入っているため、読みやすかった。洋の東西を超えて共通するユング的物語元型、仏教的秘儀 [A]宗教、精神分析学、文学、人類学など幅広い視点から神話を考察した本。おそらく訳がすばらしいのと、講演の記録なども入っているため、読みやすかった。洋の東西を超えて共通するユング的物語元型、仏教的秘儀、宗教的な倫理についての考察が溢れていて面白かった。ものすごく神秘主義的っぽいところもあるし、そうじゃないところもあって、そのバランスが絶妙だった。 …続きを読む
    shishi
    2014年02月08日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品