角川書店

年間集客2年連続100万人以上UP!

資源は、アイデア。ヒットメーカーが明かす、アイデア発想・4つの技法

角川書店のノンフィクション単行本の2月のおすすめ作品をご紹介致します。2001年の開業年に年間1100万人を集客しながら、その後、700万人台まで落ち込んでいたユニバーサル・スタジオ・ジャパンを、<3段ロケット構想>でV字回復させた立役者、森岡毅CMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)の著書です。お金もない、9回裏ランナーなしの状態から、タイトルにもなった「後ろ向きに走るジェットコースター」などずば抜けたアイデアを次々に繰り出し、森岡CMOはヒットを連発しました。本書は、USJのV字回復の軌跡をたどりながら、「アイデア発想の技術」を学べるビジネス書で。USJは2014年にハリー・ポッターのテーマパークのオープンを予定しており、注目を集めること必至。しかも本書が初にして唯一のUSJのビジネス書となります。

集客2年連続100万人UP!お金がなくてもヒットは生める!

辛坊治郎さん絶賛!「ページをめくるごとに、目からうろこがボロボロ落ちる。この本には、あなたを、会社を、いや日本を成功に導くすべてのカギがある!」

CONTENTS プロローグ「私は奇跡という言葉が好きではありません」 第1章「窮地に立たされたユニバーサル・スタジオ・ジャパン」 第2章「金がない、さあどうする?アイデアを捻り出せ!」 第3章「万策尽きたか!いやまだ情熱という武器がある」 第4章「ターゲットを疑え!取りこぼしていた大きな客層」 第5章「アイデアは必ずどこかに埋まっている」 第6章 「アイデアの神様を呼ぶ方法」 第7章「新たなチャレンジを恐れるな!ハリー・ポッターとUSJの未来」 エピローグ「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンはなぜ攻め続けるのか?」

もりおか・つよし

1972年生まれ。神戸大学経営学部卒。96年、P&G入社。日本ヴィダルサスーン、北米パンテーンのブランドマネージャー、ヘアケアカテゴリー・アソシエイトマーケティングディレクター、ウエラジャパン副代表などを経て、2010年にユー・エス・ジェイ入社。革新的なアイデアを次々投入し、窮地にあったユニバーサル・スタジオ・ジャパンをV字回復させる。12年より同社CMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)、執行役員、本部長。

『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』

『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』

発売日:2014年 2月 26日 / 税別価格:1400円 / 四六判
ISBN 978-4-04-110697-6-C0095
角川書店