【角川書店】話題の新刊書籍

2014年

09月新刊

08月新刊

07月新刊

05月新刊

04月新刊

03月新刊

02月新刊

01月新刊


2013年


2012年


2011年


2010年


2009年


2008年


2007年


2006年





2010年06月新刊


■デフレの正体
藻谷浩介
経済は「人口の波」で動く

発売日:2010年 06月 10日
定価(税込): 760円
新書判
ISBN 978-4-04-710233-0-C0233
詳しくはこちら

「生産性の上昇で成長維持」というマクロ論者の掛け声ほど愚かに聞こえるものはない。現実は内需にマイナスに働いているからだ。「現役世代人口の減少」、日本の問題はここにある!誤った常識を事実で徹底的に排す!!

藻谷浩介(もたに・こうすけ)
1964年、山口県生まれ。株式会社日本政策投資銀行地域企画部地域振興グループ参事役。88年東京大学法学部卒、同年日本開発銀行(現、日本政策投資銀行)入行。米国コロンビア大学ビジネススクール留学、日本経済研究所出向などを経ながら、2000年頃より地域振興の各分野で精力的に研究・著作・講演を行う。平成合併前の約3200市町村の99.9%、海外59ヶ国を概ね私費で訪問した経験を持つ。その現場での実見に、人口などの各種統計数字、郷土史を照合して、地域特性を多方面かつ詳細に把握している。著書に『実測!ニッポンの地域力』(日本経済新聞出版社)。
 

ふたりの距離の概算
■ふたりの距離の概算
著:米澤穂信
作家別得票数1位 米澤穂信が描く青春ミステリ!

発売日:2010年06月25日
定価(税込): 1470円
四六判
ISBN 978-4-04-874075-3-C0093

米澤穂信、青春ミステリーの傑作シリーズ〈古典部〉最新作!

春を迎え、奉太郎たち古典部に新入生・大日向友子が仮入部することに。だが彼女は本入部直前、急に辞めると告げてきた。入部締切日のマラソン大会で、奉太郎は長距離を走りながら新入生の心変わりの真相を推理する!

米澤穂信(よねざわ・ほのぶ)
1978年岐阜県生まれ。2001年第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を『氷菓』で受賞しデビュー。主な著作として『氷菓』『愚者のエンドロール』『クドリャフカの順番』『遠まわりする雛』(角川書店)、『さよなら妖精』『春期限定いちごタルト事件』(東京創元社)、『ボトルネック』(新潮社)、『インシテミル』(文藝春秋)、『追想五断章』(集英社)等がある。
 

角川書店