あれから僕たちは、カッコいい大人になれただろうか。日本推理作家協会賞受賞第一作! 95 早見和真 『ぼくたちの家族』『イノセント・デイズ』の俊英が最大級の熱量で描き切った、 本能むきだしの“最強”青春エンタテインメント! 写真/鈴木信彦

ニュース

書誌情報

95 早見和真

2015年11月28日発売

95キュウゴー

早見和真

定価:1600円(+税)
頁数:304ページ
体裁:四六判上製
装丁:坂詰佳苗
写真:鈴木信彦

ストーリー

あらすじ

95年、渋谷。

時代に抗うように街を駆け抜けた、
17歳の少年たちがいた。

2015年の年末、37歳となった秋久のもとに母校の女子高生から連絡が届く。卒業制作のテーマとして「1995年」について調べているという。彼女と会った秋久は、自分の人生を変えたその年のことを語り始めた――。
95年3月20日、地下鉄サリン事件が起きた。平凡な高校生だった秋久は、人の死に直面し動揺するなか、縁のなかった4人の同級生から渋谷のカフェに呼び出される。強制的に仲間入りさせられた秋久だったが、彼らとセンター街を闊歩し、刺激的な毎日を過ごすようになる。世界が劇的に変わるのを実感していた。だがある日、リーダー的存在だった翔が何者かに襲撃される。秋久は復讐を誓い、真犯人を捜すため行動に出るが……。

試し読み
人物相関図
人物相関図

特別企画

対談
早見和真×妻夫木聡

撮影/ホンゴユウジ

早見さんの映画化作品「ぼくたちの家族」に主演した俳優・妻夫木聡さんとの対談が実現しました。高校時代、ストリート雑誌にスカウトされたこともある妻夫木さんは、小説『95』をどう読んだのか? おふたりが熱く語り合いました!

試し読み
座談会 早見和真×IT起業家
座談会 早見和真×IT起業家

撮影/ホンゴユウジ

『95』は、1995年の渋谷を駆け抜けた五人の少年たちの物語。彼らと同じく少年時代に渋谷とかかわり、現在は渋谷を中心に活躍するIT起業家の3人と早見さんに、当時の渋谷の様子、そして『95』について、熱く語り合っていただきました。

張 青淳
  • 張 青淳(ちょう・せいじゅん)
  • 株式会社スパイスマート代表取締役社長。1980年5月上海生まれ埼玉育ち。
  • 大学卒業後サイバーエージェントに入社、広告営業を経て関連会社に移籍し中国における投資事業会社を立ち上げ、6年間現地でベンチャー投資活動を行う。 その後ゲーム開発会社を経て独立、現在ゲームマーケティング事業会社を運営。
笹森 良
  • 笹森 良(ささもり・りょう)
  • 株式会社フンザ代表取締役。1979年12月生まれ。
  • 楽天、Zynga Japanジェネラル・マネージャーなどを経て2013年3月に株式会社フンザを設立。過去に個人で立ち上げたWebサービス、アプリを2度売却。フンザを通じて世の中の文化となるようなWebサービスを作ることが目標。趣味はECMレコード周辺の音楽鑑賞。
赤坂 優
  • 赤坂 優(あかさか・ゆう)
  • 株式会社エウレカ共同創業者 代表取締役CEO。1983年9月30日、渋谷区生まれ。
  • 法政大学在学中に、博報堂C&Dでインターン。イマージュ・ネットに入社後、メディアプランナーとしてECサイトのメディア収益化を行う。その後、新規事業、アライアンスに従事。個人でデザインのクラウドソーシングサイト「MILLION DESIGNS」を立ち上げ、ランサーズ株式会社へ売却。株式会社エウレカを設立し、代表取締役CEOに就任。

取材・文 タカザワケンジ

座談会

青春の日々が光り輝いているのは、無限の可能性がある季節だからではない。青春には終わりがあるからだ。

書評

著者紹介

早見和真(はやみ・かずまさ)

撮影/ホンゴユウジ

早見和真 (はやみ・かずまさ)

1977年、神奈川県生まれ。
2008年、『ひゃくはち』で作家デビュー。
同作は映画化、コミック化されベストセラーとなる。14年、『ぼくたちの家族』が映画化、15年、『イノセント・デイズ』が第68回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞した。他著に『スリーピング・ブッダ』『東京ドーン』『6 シックス』『ポンチョに夜明けの風はらませて』などがある。

直筆メッセージ
私の小説家としての原体験は1995年3月20日にありました。書かなきゃいけなかった作品です。
既刊本紹介
スリーピングブッダ

絶賛発売中!

スリーピング・ブッダ

早見和真

定価:640円(+税)
角川文庫

敬千宗の大本山・長穏寺に2人の若き僧侶が上山した。北陸の古寺の跡取り、小平広也。バンドでプロを目指すも挫折し、「安定」を求めて仏門を叩いた水原隆春。対照的な二人は、厳しい修行を通じてさまざまな現実に直面する。いまだ続く世襲制、先輩僧侶たちのいじめ、欲にまみれた夜遊び……。やがて2人はある決意を胸に行動を起こす。そして待ち受ける衝撃の結末とは。生きる意味を問いかける、熱き男たちの青春パンク小説!

推薦コメント

普通の男の子が、環境の変化とともに急速に大人になる話というのは、青春小説の醍醐味そのもの。それをさらにオウム事件と結びつけて、とてもおもしろいなあと思いながらページをめくりました。――速水健朗さん(『1995年』著者・ライター)

私たちが生きた「あの頃」、絶望と欲望の真ん中で世界はいつも終わりそうに輝いていました。今ではもう遠いおとぎ話のような、“刹那の瞬間”の物語。――打矢麻理子さん(元「S cawaii!」編集者・78年生まれ)

真冬の渋谷の凍てつく寒さと、主人公たちの沸騰するような血肉の熱さ。読みながら、思わず彼らと一緒に雄叫びをあげそうになりました。――森義隆さん(映画監督・79年生まれ)

ページをめくるたびに目の前によみがえる「あの頃」。ダサい大人になってないか?走り続ける主人公たちに、尻をたたかれた気分です。――渡辺淳基さん(新聞記者・79年生まれ)

作品のいたるところに共感できることがあり、自分の20年前の出来事を思い出しながらあっという間に読みました。――金坂日出海さん(税理士・77年生まれ)

私も95年の渋谷で、主人公たちの横をすれ違っていたかもしれません。そんな気にさせるリアルな渋谷やあの頃の空気が散りばめられた本作品にのめり込みました。――石原正彦さん(僧侶・77年生まれ)

95年を駆け抜けた主人公たちに胸倉を掴まれたので今に向き合ってみたら、驚くほどカッコ悪い大人になっていることに気付いて、涙が出てきた。――永井拓郎さん(映画プロデューサー・77年生まれ)

読み進めながらなぜか胸のモヤモヤが取れなかったが、完読してその理由が分かった。やっぱりあの頃と今も根底は何も変わってなく「人生花火打ち上げてなんぼ!」。これからの人生になんとなく勇気が持てました。――嘉茂太輔さん(バーテンダー・75年生まれ)

書店員の方からのコメント

イタイほど懐かしくて、グッときた。自分の青春と重ねながら、無我夢中で読みました。――有隣堂・伊勢佐木町本店 佐伯敦子さん

渋谷が本当にぎらつく輝きを放っていたあの頃、悩める高校生たちの一瞬の光が、現在へ真っ直ぐに突き刺さる快作です。――大盛堂書店山本亮さん

街が変われば人も変わる。そういう意味でこの物語に普遍性はない。後悔したくないと精一杯生きた無様な彼らの後ろ姿が、少しでもいまの若者の糧となり、生きていく勇気になってほしい。――紀伊國屋書店・西武渋谷店竹田勇生さん

読みはじめてすぐにあの時に戻りました。面白かった!僕も学生時代の友人と久しぶりに会ってみたい気持ちにさせる素晴らしい時間をもらいました。――小田急ブックメイツ・新百合ヶ丘店狩野大樹さん

あの頃の調子にのった高校生の”万能感”たるや、無敵でしたね!あんなに純粋に思いやれる仲間と出会えて本当に彼らが羨ましいです。――紀伊國屋書店・新宿南店佐貫聡美さん

面白かったです!駆け抜けた一時代が見事に描き出されていて、青春を思い出したり、思い出したくないことに蓋をしたりしながら読みました。――三省堂書店・京都駅店鶴岡寛子さん

無謀さを意地とプライドだと勘違いして、大人や未来を拒絶しながら、全力で”今”を疾走し続ける。そうしなければ日常をやり過ごせなかった少年たちの葛藤が、渋谷という街を、そして1995年という時代を彩っていく。――さわや書店フェザン店長江貴士さん

この物語は“彼ら”のものではなく“僕ら”のものだ。読み返すたびに鳥肌が立つ。桁はずれのパワーを持った本作は今年の、というよりも平成を代表する一冊になるに違いない。――三省堂書店・営業企画室内田剛さん

久しぶりに少年の自分に会った。無茶して、無敵で、一瞬で駆け抜けた少年時代が、再び目の前に現れた。この本を読んで、もう一度、あの頃に戻りませんか?――BOOK PORT成川真さん

あの頃になりたかった大人にいまなれているか、考えさせられる1冊。登場人物がユニークだけど憎めなくて素敵です。激動の90年代に青春を過ごした人には迷わず読んでほしい。――BOOK PORT 大和店坂井真やさん

1995年と2015年が地続きであることを、まざまざと感じました。普遍的なテーマとして仲間・家族との関わり方、「今を生きる」ことの意義を考えさせてくれる作品だと思います。――山下書店・渋谷南口店香月孝之さん

青春って素晴らしい。そして、恥ずかしい。彼らと私自身も渋谷を駆け回っているような楽しさとドキドキを味わえた作品でした。青春を過ぎた人にも、真っ只中の人にも読んでほしい。きっと何か響くはずです。――SHIB TSUTAYA内山はるかさん

仲間としか共有できない一瞬の「生」を、ぎらぎらとした痛みを伴うまぶしさを、私も久しぶりに思い出しました。「95」最高でした。――精文館書店中島新町店 久田かおりさん

自分は結局何も出来ないまま平凡な大人になってしまったが、今となってはあの時代があったから今の自分を受け入れられているのだと思います。この作品はそんな気持ちを改めて思い起こさせてくれました。――芳林堂書店・高田馬場店 飯田和之さん