角川書店

内容紹介

2011年3月11日、一人の新聞記者が死んだ。

福島民友新聞記者、熊田由貴生、享年24。福島県南相馬市で津波の最前線で取材をしていた熊田記者は、自分の命と引きかえに地元の人間の命を救った。

その死は、仲間に衝撃を与えた。それは、ほかの記者たちも同じように津波を撮るべく海に向かい、そして、命の危機に陥っていたからである。なかには目の前で津波に呑まれる人を救うことができなかった記者もいた。

熊田が死んで、俺が生き残った――。熊田記者の「死」は、生き残った記者たちに哀しみと傷痕を残した。それは、「命」というものを深く考えさせ、その意味を問い直す重い課題をそれぞれに突きつけた。

創刊以来、100年を超える歴史を持つ福島民友新聞はこの時、記者を喪っただけでなく、激震とそれに伴う停電、さらには非常用発電機のトラブルで、新聞が発行できない崖っ淵に立たされた。創刊以来の「紙齢(しれい)を欠く」ことは新聞にとって「死」を意味する。ぎりぎりの状況で、凄まじい新聞人たちの闘いが展開された。

さらに地震、津波、放射能汚染という複合災害の現場となった福島県の「浜通り」では、この“三重苦”よって、「読者」も、「新聞記者」も、「販売店」も、すべてが被災者となり、そのエリアから去らざるを得なくなった。

それは、日本の新聞が初めて経験した「新聞エリアの欠落」にほかならなかった。考えられうる最悪の事態の中で、彼ら新聞人はどう闘ったのか。

「震災を、福島を報じなくては――」。取材の最前線でなぜ記者は、死んだのか。そして、その死は、なぜ仲間たちに負い目とトラウマを残したのか。ノンフィクション作家・門田隆将が当事者たちの実名証言で綴る『死の淵を見た男』に次ぐ福島第二弾。「命」とは何か、「新聞」とは何か、を問う魂が震える感動の実話とは――。

読売新聞

担当編集者からのコメント

「私が、この作品を書くために取材を始めた時、福島民友新聞は困惑し、ある意味、狼狽した。取材に応じていいものかどうか、見方によっては、恥ともいうべき事柄も含め、世の中にそれらが明らかにされて、果たしていいものかどうか。おそらくそんな迷いと逡巡があったからだろうと思う。」

本書の「おわりに」にて著者の門田さんはこう書いています。未曾有の、あれほどの被害を被った震災です。その中で福島民友新聞の方々は、自らの命を賭けてまでも「報じなくてはならない」という、記者としての“本能”に突き動かされます。本書を読んだとしても、記者の方々の苦しみのすべてを理解することなど到底できないでしょう。それでも、こうした事実があって、それを「見える形」で世に出すということが出版に携わる者の役割なのだと、本作を通じて強く感じました。

これが受け入れるべき「運命」だったのか

担当編集者とはその作品の「一番目の読者」でもあります。門田さんから原稿をいただいて初めて読み通した時から、この文章を書いている今まで、木口拓哉記者の言葉を通して生まれた、この思いが私の頭のなかから消えることはありません。本作が、より多くの方々に読まれることを願っています。

既刊情報

この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡
定価680円+税
文庫判
ISBN 978-4-04-101035-8-C0195

  • この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡
  • 門田隆将
  • スクープ歴史ノンフィクション待望の文庫化!
    第19回山本七平賞受賞作
  • 台湾の金門島で「戦神」と呼ばれた日本人がいた。
    殺到する中国共産軍に立ち向かい、「台湾」と「台湾海峡」を守った元北支那方面軍司令官、根本博陸軍中将。
    「義」のために生きた一人の日本人と、国境を越えてそれを支えた人たちの姿がついに現代に蘇った!
    台湾を救った知られざる日本人の物語。

    「義には義をもって返す」――。国民党と共産党による、いわゆる「国共内戦」。敗走に敗走を重ねた国民党軍は最後、金門島での戦いにだけ“大勝利” する。奇跡としかいいようのない、その勝利の陰に、一人の日本人が大きくかかわっていた。
    軍人でありながらヒューマニズムの思想に抱かれ、生涯、その生き方を貫いた戦略家。戦後の混乱期の日本で、なぜ彼のような軍人が存在しえたのか。第19回山本七平賞受賞作。解説・秦郁彦

著者紹介

門田隆将

門田隆将(かどた・りゅうしょう)


1958年(昭和33年)、高知県生まれ。中央大学法学部卒。ノンフィクション 作家として、政治、経済、司法、事件、歴史、スポーツなど幅広い分野で活躍。『この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(角川文庫) で第19回山本七平賞受賞。主な著書に『甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』(講談社文庫)、『なぜ君は絶望と闘えたのか 本村洋の3300日』(新潮文庫)、『太平洋戦争 最後の証言』(第一部〜第三部・小学館)、『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』(PHP研究所)などがある。
話題の新刊