ラノベ作家になりたくて震える。

ぼくのラノベを盗作してデビューしたのは幼馴染みの美少女で……

  • 著者 嵯峨 伊緒
  • イラスト ダンミル
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2017年09月08日
  • レーベル:電撃文庫

ぼくのラノベを盗作してデビューしたのは幼馴染みの美少女で……

 ラノベ作家志望の高校生・冬野藍介はある日、自分の作品が何者かに盗作され、新人賞を受賞したことを知る。ショックを受ける藍介にクラスメイトの元天才子役・鮎原睡蓮はこう打ち明ける。
「実はね、この作者はね、わたし、なの」「………はい?」
「お願い。二巻を書くのを手伝って!」「……は?」
 睡蓮の言葉に混乱し、怒りを爆発させる藍介であったが、結局睡蓮のムチャ振りを渋々引き受けることになり……。そして徐々に距離を縮めるふたり。しかしその先に、本当の衝撃が藍介を待ち受けているのであった……!?

ライトノベル売上ランキング

最近チェックした商品