呻吟語 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典

「人間とはどうあるべきか」。『菜根譚』に並ぶ中国古典の名著。

  • 著者 湯浅 邦弘

「人間とはどうあるべきか」。『菜根譚』に並ぶ中国古典の名著。

混沌の明の時代。高名な官僚であった陽明学と朱子学をおさめた呂坤が30年かけて綴った「人間とはどうあるべきか、人生をどう生きるべきか」を説く一冊。日本でも大塩平八郎など多くの先人に影響を与えた。人生を諭す言葉をやさしく解説する入門書。

【目次】
はじめに

[内篇]
性命─人間の本性と運命について─
存心─正しい心のあり方とは─
倫理─人間道徳の基本─
談道─孔子の道を規範とする─
修身─身を修めるための方法─
問学─切磋琢磨して学ぶ─
応務─対人関係で大切なこと─
養生─健康長寿のために─

[外篇]
天地─世界は何でできているのか─
世運─世の流れへの対処法─
聖賢─聖人賢者も修養努力する─
品藻─人間の品格とは─
治道─統治の理念と方法─
人情─日々の暮らしの心がけ─
物理─万事万物の理─
広喩─比喩で表す真実─
詞章─文章作成の秘訣とは─

『呻吟語』をめぐって
一、『呻吟語』と『菜根譚』─中国二大処世訓の比較─
二、呂新吾と科挙─合格者名簿に名が見えないのはなぜ─

関係略年表
参考文献

書籍売上ランキング

最近チェックした商品