花祭

柳田や折口にも衝撃を与えた、民俗学の不朽的名著。

  • 著者 早川 孝太郎

柳田や折口にも衝撃を与えた、民俗学の不朽的名著。

神人和合や五穀豊穣・無病息災のため鎌倉時代に始まった花祭は、天竜川水系に伝わる神事芸能。滋味深い挿絵と平易な文章で花祭の全てが分かる、柳田国男・折口信夫にも衝撃を与えた民俗芸能の代表的古典。

もくじ

・花祭概説 
問題の地域 
各種の祭り 
すべて二十三ヵ所 
二つの系統 
行事の概観 
冬の夜の祭 
祭りの場所 
祭りの形式 
・祭祀の構成 
・祭場と祭具 
祭    場 
祭場に要する祭具 
衣    裳 
舞 道 具 
・儀式的行事 
記述の順序 
第一日の祭祀 
第二日の祭祀 
儀式開始より舞いにはいるまで 
舞いおわって後の儀式 
・舞   踊 
舞いの種目 
市 の 舞 
青少年の舞 
面形による舞 
・音楽と歌謡 
楽と拍子 
歌    謡 
・祭りにあずかる者 
主体となるもの 
禰    宜 
みようど 
一般参与の者 
祭りにそえて 

書籍売上ランキング

最近チェックした商品