イックーさん

「イックーさーん!」「ハアァァアアアァァッァッンッ……イッ……た……」

  • 著者 華早 漏曇
  • イラスト コダマ

「イックーさーん!」「ハアァァアアアァァッァッンッ……イッ……た……」

今は昔、夢漏町幕府の頃、さる山寺にイックーさんという、たいそうイキやすい小坊主がおったそうな。
ある夏の夕暮れ時、声をかけられ「ンッ!?」軽くイッてしまったイックーさんは、小坊主たちから和尚さまが隠している蜜の入った壺の話を聞く。
蜜ツボ……。勘違いをしたイックーさんは、壺探しに加わることになるが……。

「カクヨム」で異彩を放つ超絶倫下ネタコメディ! で、でちゃう?

※この物語はフィクションです。無縄自縛。

ライトノベル売上ランキング

最近チェックした商品