芦田川

平穏な家庭が音をたてて崩れていく…闖入者は母そして妹。濃密な愛憎小説!

  • 著者 今井 絵美子
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2017年03月25日

平穏な家庭が音をたてて崩れていく…闖入者は母そして妹。濃密な愛憎小説!

老いてなお「女」でいつづける母・登勢の奔放な性を嫌悪し、実家を飛び出した不器用な姉、千歳。
穏やかなだけが取り柄の凡庸な夫の伸幸とマイホームを構え、子どもにこそ恵まれなかったが、望んでいた人生を手にいれたと信じて疑わなかった。父違いの美しい妹・ユキがある日、転がり込んでくるまでは――高度経済成長期、重工業都市として発展していく福山の芦田川河口を舞台に、母と娘の葛藤、男と女の溝、生きることのどうしようもなさを、濃密に描ききった、著者の最初で最後の現代小説!

もくじ

水鶏たたく
うたかたの恋
恋々と
ハスの葉の雨雫
ゆく河の水は絶えずして

書籍売上ランキング

最近チェックした商品