第2回角川文庫キャラクター小説大賞・大賞

憧れの作家は人間じゃありませんでした

事件×お仕事コメディ! 第2回角川文庫キャラクター小説大賞大賞受賞作

  • 著者 澤村 御影
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2017年04月25日
  • レーベル:角川文庫

事件×お仕事コメディ! 第2回角川文庫キャラクター小説大賞大賞受賞作

文芸編集者2年目の瀬名あさひは、憧れの作家・御崎禅の担当となる。映画好きで意気投合するものの、彼は実は吸血鬼であり、人外の存在が起こした事件について、警察に協力していることがわかる。捜査より新作原稿を書いてもらいたいあさひだが、警視庁から様々な事件が持ち込まれる中、御崎禅がかつては人間であったこと、そしてそこに秘められた悲しい過去を知っていく。第2回角川文庫キャラクター小説大賞≪大賞≫受賞作。

登場人物・人物相関図

瀬名あさひ (せな・あさひ)

希央社入社2年目文芸編集者。あがり症。いつも前向きで一生懸命。重度の映画オタク。憧れの作家、御崎禅の担当をすることに。

御崎 禅 (みさき・ぜん)

幻想恋愛小説家。経歴、顔、性別、年齢を一切オープンにしていない。が、実は吸血鬼。人外が起こした事件に関して、警視庁に協力している。

林原夏樹 (はやしばら・なつき)

警視庁捜査一課異質事件捜査係の刑事。 人外が関与する事件、及びその関与が疑われる事件が起きた際、御崎協力の下、秘密裏にそれを処理している。

著者紹介

澤村御影(さわむら・みかげ)

神奈川県横浜市出身、在住。女性。会社員。「吸血鬼と映画を――憧れの作家は人間じゃありませんでした――」で第2回角川文庫キャラクター小説大賞《大賞》を受賞してデビュー。

書籍売上ランキング

最近チェックした商品