修養

百年読み継がれる、日本人必読の教養本!

  • 著者 新渡戸 稲造

百年読み継がれる、日本人必読の教養本!

当代一流の国際人であり教養人だった新渡戸稲造が、未来の日本を担う青年達に向けて記した実践的人生論。
自らの経験と深い思想にもとづき、人として生きるうえでの礼節や心構えはもとより、「不向きな職業を選びて失敗した実例」「打ち明けて頼めば反対者も同意する」「名誉を毀損されたときの覚悟」「新刊書はいかにして読むか」など、日常のなかでの必要な事例をふまえた啓蒙的内容に富んでいる。
百年読み継がれてなお、現代日本人に多くの示唆をあたえる不朽の名著、待望の文庫決定版! 解説/斎藤兆史


総 説
第一章 青年の特徴
第二章 青年の立志
第三章 職業の選択
第四章 決心の継続
第五章 勇気の修養
第六章 克己の工夫
第七章 名誉に対する心がけ
第八章 貯 蓄
第九章 余が実践せる読書法
第十章 逆境にある時の心得
第十一章 順境にある時の心得
第十二章 世渡りの標準
第十三章 道
第十四章 黙 思
第十五章 暑中の修養
第十六章 暑中休暇後の修養
第十七章 迎年の準備

書籍売上ランキング

最近チェックした商品