ロストワールドエンドロール:ビアンシャンテ

君に、最期を捧げるために、生きてきた――。

  • 著者 久松エイト

君に、最期を捧げるために、生きてきた――。

ビアンシャンテ――そこは、ふたつの種族が存在する世界。
「シンガー」(歌うたい)の少年・セスが出会ったのは、孤独に生きる「コンポーザー」(作曲家)のラルフ。
体に音符の痣ができる病『ヴェノム』に苦しむ母を助けるため、
セスはコンポーザーの生成する特効薬『スコア』がほしいと、ラルフに頼むが――。

ふたりが結んだ契約――そして宿命とは。
久松エイトの贈る、極上の愛の物語。

コミック売上ランキング

最近チェックした商品