竹取物語 かぐや姫のおはなし

教科書にも載っている日本最古の物語を星新一がひもときます。

  • 訳 星 新一
  • 絵 ひと和

教科書にも載っている日本最古の物語を星新一がひもときます。

竹のなかでみつかった女の子、かぐや姫はとても美しく育ちました。
そんな姫をひとめ見ようと、たくさんの人がやってきます。
けれど姫は知らんぷり。熱心に求婚する5人の貴人たちにも、
それぞれにむずかしいお願いをして追いはらってしまいます。
とうとう、うわさを聞いたミカドまでもが訪ねてきて・・・・・・!?
日本でいちばん長く愛されている物語を、星新一がひもときます。
「竹取物語」原文も掲載。

もくじ

目次
竹取物語(口語訳) 訳:星新一    
一、姫のおいたち 
二、姫の望み    
三、み仏の石の鉢  
四、蓬莱の玉の枝
五、火ねずみの皮衣
六、龍の首の玉
七、つばめの子安貝
八、ミカドのおでまし
九、天の羽衣
あとがき
解説   星新一
竹取物語(原文) 三谷栄一校訂・武田友宏脚注

児童書売上ランキング

最近チェックした商品