終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#03

「だからね、わたし、やっと決めたよ。──きみの、邪魔をしてやる」

  • 著者 枯野 瑛
  • イラスト ue

「だからね、わたし、やっと決めたよ。──きみの、邪魔をしてやる」

あれから10日が経った。妖精の存在と特性についてはまだ極秘事項のままで、〈重く留まる十一番目の獣〉(クロワイヤンス)を仕留めたのは、フェオドール四位武官が極秘で預かっていた、最新の試作爆弾であるとされた。
常識を超えた強さで魔力(ヴェネノム)を熾した黄金妖精(レプラカーン)ラキシュはいまだ目覚めず、リンゴはもういない。
――フェオドールは結論した。
きっともう始めてしまうべきなのだろう。世界に敵対する、最初で最後の戦いを。

次代妖精による第2部、急転直下の展開!


「だからね、わたし、やっと決めたよ。──きみの、邪魔をしてやる」

ライトノベル売上ランキング

最近チェックした商品