桃月庵白酒と落語十三夜

古典芸能であるがゆえの「お勉強感」なんて吹っ飛ばせ!

  • 著者 桃月庵白酒
  • 著者 杉江 松恋
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2016年09月02日

古典芸能であるがゆえの「お勉強感」なんて吹っ飛ばせ!

男は強くなければ生きてゆけない。やさしくなければ生きて行く資格はない。加えて粋で乙でなければならない。その上モ テれば言うことない。それには――やっぱり落語でしょう!桃月庵白酒が語る「落語の骨頂」!

もくじ

前書き(杉江松恋)

第1夜 「芝浜」
第2夜 「野ざらし」
第3夜 「明烏」
第4夜 「花見の仇討」
第5夜 「御慶」
第6夜 「二番煎じ」
第7夜 「錦の袈裟」
第8夜 「酢豆腐」
第9夜 「臆病源兵衛」
第10夜 「粗忽長屋」
第11夜 「目黒のさんま」
第12章 「らくだ」
第13章 「火焔太鼓」

書籍売上ランキング

最近チェックした商品