風土記 日本人の感覚を読む

古代日本の姿を通し、現代に通じる日本人のこころがみえてくる!

  • 著者 橋本 雅之
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2016年10月27日
  • レーベル:角川選書

古代日本の姿を通し、現代に通じる日本人のこころがみえてくる!

七一三年の官命によって編纂された「風土記」。全国各地の産物や土地、神話などを記す古代の貴重な資料である。その地誌としての性格をふまえ「風土記」を読み解けば、日本人に通底する心のありようが見えてくる。

【目次】
はじめに

第一章 「風土記」とはなにか

第二章 「風土記」の時間
 序 説
 第一節 「風土記」の時間認識 ―「古」「昔」「今」―
 第二節 神の歴史 ―オオナムチ神話の国作り―
 第三節 天皇の歴史 ―風土記巡行伝説―
 第四節 祖先の歴史 ―「祖」「初祖」「遠祖」「始祖」「上祖」―

第三章 「風土記」の空間
 序 説
 第一節 神話の空間認識
 第二節 里長の役割と「里の伝承」
 第三節 巡行伝承の空間的再配置

第四章 「風土記」からみた日本文化
 序 説
 第一節 松になった男女の「罪」と「恥」
 第二節 天女の追放

終章 「風土記史観」でみた古代の日本

おわりに
参考文献

書籍売上ランキング

最近チェックした商品