樹上のゆりかご

荻原規子の学園小説の名作が、書き下ろし短編を加えて新たに登場!

  • 著者 荻原 規子
  • 定価  734円(本体680円+税)
  • 発売日:2016年04月23日
  • レーベル:角川文庫

荻原規子の学園小説の名作が、書き下ろし短編を加えて新たに登場!

かつて旧制中学だったバンカラな伝統が残る都立辰川高校に入学した上田ひろみは、学校全体を覆う居心地の悪さを感じるようになっていた。合唱コンクールで代役の指揮をした美少女有理と親しくなってからは、周囲でさらにおかしなことが起き始める。合唱祭、演劇コンクール、体育祭と準備に追われる中、生徒会に脅迫状が届き相次いで事故が……。学校に巣くう「名前も顔もないもの」とはなんなのか? 何ものからも守られ、それゆえに不安定な「ゆりかご」のような場所、「学校」。そこで過ごす刹那を描いた、人気作家荻原規子の今では珍しい学園サスペンス。読みながら思わず自分の高校時代を重ねあわせていく、不思議な感覚の物語。書き下ろし短編、あとがきを収録して新たに登場!

もくじ

第一章 沈黙の音
第二章 砂糖とスパイス
第三章 月の諸相
第四章 銀盆の首
書き下ろし短編 週一の時間
あとがき

書籍売上ランキング

最近チェックした商品