天上の葦 下

日常を静かに破壊する犯罪。 気づいたのは たった二人だけだった。

  • 著者 太田 愛
  • 定価  1728円(本体1600円+税)
  • 発売日:2017年02月18日

日常を静かに破壊する犯罪。 気づいたのは たった二人だけだった。

失踪した公安警察官を追って、鑓水、修司、相馬の三人が辿り着いたのは瀬戸内海の離島だった。山頂に高射砲台跡の残る因習の島。そこでは、渋谷で老人が絶命した瞬間から、誰もが思いもよらないかたちで大きな歯車が回り始めていた。誰が敵で誰が味方なのか。あの日、この島で何が起こったのか。穏やかな島の営みの裏に隠された巧妙なトリックを暴いた時、あまりに痛ましい真実の扉が開かれる。
―君は君で、僕は僕で、最善を尽くさなければならない。
すべての思いを引き受け、鑓水たちは力を尽くして巨大な敵に立ち向かう。「犯罪者」「幻夏」(日本推理作家協会賞候補作)に続く待望の1800枚巨編!

書籍売上ランキング

最近チェックした商品