少年陰陽師 そこに、あどなき祈りを

ファン待望の小説「十二刻」、満を持して短編集で登場!!

  • 著者 結城 光流
  • イラスト 伊東 七つ生

ファン待望の小説「十二刻」、満を持して短編集で登場!!

時は平安、京の都。稀代の大陰陽師・安倍晴明の孫である昌浩は、まだまだ半人前の陰陽師。日々、相棒・物の怪のもっくんと修行に励む昌浩だったが、雅楽器の付喪神から神隠しにあった若君を捜して欲しいという依頼が舞い込んできて? その頃、敏次は久しぶりに兄・康史が身罷った朝の夢を見ていた。陰陽
師の見る夢には意味があると言うが、果たしてその真意は……?長い刻を経て、ファン待望の小説「十二刻」が短編集で登場!!

ライトノベル売上ランキング

最近チェックした商品