平治物語 現代語訳付き

貴族の世から武士の世へ。変換期を迎えた中世社会を描き出す!

  • 訳注 日下 力

貴族の世から武士の世へ。変換期を迎えた中世社会を描き出す!

貴族の世から武士の世へ。変換期を迎えた中世社会を描き出す!

保元の乱で勝利した後白河天皇は上皇となり院政をひくが、源義朝軍が謀叛を起こし後白河上皇と二条天皇を閉じ込め、信西を殺害。急を聞いた平清盛は、天皇と上皇を助け出し一気に義朝軍を打ち破り、鎌倉へ落ち延びようとした義朝を殺害。これにより平氏の世の中になっていく――。
平治元年(1159年)に起こった平治の乱を描く軍記物語。作者は未詳だが、『保元物語』の姉妹編といわれるほど関係が深い。保元物語に続き、平治物語でも武士の力の台頭が大きく描かれ、武士の世の中への時代の流れを描き出している。
本書は、本文、脚注、現代語訳に校訂注、解説を加えた文庫随一の決定版!

書籍売上ランキング

最近チェックした商品