季節はうつる、メリーゴーランドのように

「珈琲店タレーランの事件簿」の著者が描く、連作恋愛ミステリ。

  • 著者 岡崎 琢磨
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2015年07月25日

「珈琲店タレーランの事件簿」の著者が描く、連作恋愛ミステリ。

奇妙な出来事に説明をつける、つまり、「キセツ」。
夏樹と冬子は、高校時代、「キセツ」を同じ趣味とする、唯一無二の存在だった。
しかしそれは、夏樹の恋心を封印した上で成り立つ、微妙な関係でもあった。
天真爛漫で、ロマンチストで、頭は切れるのにちょっと鈍感な冬子。
彼女への想いを秘めたまま大人になった夏樹は、久々に冬子と再会する。
冬の神戸。バレンタインのツリーを避けて記念写真を撮るカップルを見て、冬子は言った。
「キセツ、しないとね」

謎を乗せて、季節はめぐる。
はじけるような日常の謎、決して解けない恋愛の謎。
夏樹の想いの行方は……。
若き才能、岡崎琢磨が描く、新たなる恋愛ミステリの傑作。

プロモーションムービー

インタビュー動画


書籍売上ランキング

最近チェックした商品