拝み屋郷内 怪談始末

現役の拝み屋が見聞きした、自身の体験談を含む恐怖譚

  • 著者 郷内 心瞳

現役の拝み屋が見聞きした、自身の体験談を含む恐怖譚

――語ることが、おそらく供養にもつながる。戸の隙間から覗く痩せこけた女。著者につきまとう謎の少女。決して語ってはならない封印怪談。東北の山中で拝み屋を営むかたわら見聞きした、鮮烈な怪異を書き上げる。

書籍売上ランキング

最近チェックした商品