GOSICKVIII下‐ゴシック・神々の黄昏‐

世界がどう変わろうとも、これきり、離れるものか。

  • 著者 桜庭 一樹
  • 定価  562円(本体520円+税)
  • 発売日:2011年07月23日
  • レーベル:角川文庫キャラクター文芸

世界がどう変わろうとも、これきり、離れるものか。

幽閉されていたヴィクトリカは、母コルデリアの身代わり計画により脱出。一方徴兵された一弥は、ある日の敵襲で……。二人に再会の日は訪れるのか!?大人気ミステリ、感動の大団円!!

著者紹介

桜庭 一樹(さくらば・かずき)

2000年デビュー。04年『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』が、ジャンルを超えて高い評価を受ける。07年『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞、08年『私の男』で直木賞を受賞。『GOSICK-ゴシック-』シリーズは人気を博し、長篇8巻短篇集4巻が刊行、アニメ化された。続刊として『GOSICK RED』『GOSICK BLUE』『GOSICK PINK』も刊行中。他の著書に『道徳という名の少年』『推定少女』『赤×ピンク』『ほんとうの花を見せにきた』『このたびはとんだことで 桜庭一樹奇譚集』『少女七竈と七人の可愛そうな大人』『無花果とムーン』など。

書籍売上ランキング

最近チェックした商品