歌が権力の象徴になるとき 屏風歌・障子歌の世界

屏風歌・障子歌はなぜ作られたか。一流の歌人や絵師を動員した芸術品に迫る

  • 著者 渡邉 裕美子
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2011年01月25日
  • レーベル:角川叢書
歌が権力の象徴になるとき 屏風歌・障子歌の世界

屏風歌・障子歌はなぜ作られたか。一流の歌人や絵師を動員した芸術品に迫る

平安から鎌倉初期、当代一流歌人・絵師・書家によって作られたいくつもの屏風歌・障子歌。その発生から隆盛、衰退を経て一二世紀後半に社会情勢の変化とともに復活する様相を、和歌と権力の視点から描く。

書籍売上ランキング

最近チェックした商品