武士はなぜ歌を詠むか 鎌倉将軍から戦国大名まで

頼朝・宗尊・尊氏・道灌・義元。和歌を愛した武家政治家の系譜。

  • 著者 小川 剛生
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2008年07月10日
  • レーベル:角川叢書
武士はなぜ歌を詠むか 鎌倉将軍から戦国大名まで

頼朝・宗尊・尊氏・道灌・義元。和歌を愛した武家政治家の系譜。

時は乱世、草深き関東に興った武士たちは、政務や合戦の間にも和歌を詠んだ。宮廷文化や古典の世界に憧れつつ、神仏に祈願し、自らの支配を確かにするべく、文学の力を信じ続けた「たけきもののふ」の心に迫る。

書籍売上ランキング

最近チェックした商品