光をまとう中世絵画 やまと絵屏風の美

銀白色に発光するかのような中世屏風絵。その知られざる世界と魅力に迫る。

  • 著者 泉 万里
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2007年11月10日
  • レーベル:角川叢書
光をまとう中世絵画 やまと絵屏風の美

銀白色に発光するかのような中世屏風絵。その知られざる世界と魅力に迫る。

障壁画でも絵巻や掛幅でもない、調度品としての中世屏風では、かつて雲母や金箔によって輝きをまとう絵画空間が創生された。この至高の美は誰によって享受され、どんな展開をみたのか。その謎と魅力を追う。

書籍売上ランキング

最近チェックした商品