偽史としての民俗学 柳田國男と異端の思想

民俗学が生まれるとき――全ての混沌に柳田國男は何を見たか

  • 著者 大塚 英志
  • デザイン 片岡 忠彦
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2007年05月07日
偽史としての民俗学 柳田國男と異端の思想

民俗学が生まれるとき――全ての混沌に柳田國男は何を見たか

日本民俗学の祖、柳田國男。民俗学という領域が生まれるとき、柳田は何を見、何を考えたのか。「偽史」「国家」「オカルト」「ファシズム」「妖怪」「国家」柳田國男と異端者たちとの交錯は何を生んだか。

書籍売上ランキング

最近チェックした商品