全世代の読者が涙した、東野作品史上もっとも泣ける感動作!
全国から感涙の声続々!!
一度しか会ったことのない人が、もしかしたら自分の人生に影響を与えるかもしれない。

  • 私が所属する演劇集団キャラメルボックスは、2013年5月に『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を舞台化した。
    この小説を初めて読んだ時の感動は、今でも忘れられない。
    設定は「過去から手紙が届く」というファンタジーなのに、物語は「なぜ届くのか」を説き明かしていくミステリー。
    そして、数々の伏線が見事に一つに収束するラストシーンは、落涙必至。
    ファンタジーにしては苦すぎる。ミステリーにしては温かすぎる。では、一体何なのか?
    ずばり、天才・東野圭吾が生み出した、小説の中の小説。これを読まずして、小説を語るなかれ!

    劇作家・演出家 演劇集団キャラメルボックス 成井 豊
  • 東野さんの作品のメッセージ性があるところが好き。
    ナミヤ雑貨店の奇蹟を読んで、時にある困難も本気で立ち向かえばきっと大丈夫、
    頑張れと言ってもらえた気がしました。

    SHIBUYA TSUTAYA
    BOOK担当 関屋 美那
  • これまでの東野作品に「感動」という要素がさらに加わって読みごたえがアップしています。
    作中の浪矢ジイサン??とのやりとりを通じて、周囲の人々は成長を遂げていきます。
    手紙のアドバイスに対してどのような決断を下すにしろ、彼らの人生にそれは良い影響を与えてくれるに違いないし、 重要なのは自らが悩んで考え抜くことのように思えます。
    この本を読んで、たっぷりと感動を味わった後は、信頼できる友人や家族に思い切って悩みを相談してみてはいかがでしょうか?

    ジュンク堂書店 新潟店 小松
  • 現在、転職活動中でなかなか決まらない焦りのなか、この作品に出会えて心にとても響きました。
  • (20代女性)
  • 暇つぶしのつもりで買ったのですが、読み進めるうちに涙がこぼれ、私にとって奇跡の一冊になりました。
  • (50代男性)
  • 人の優しさ、愛情、希望など、正解はどこにもないけれど、その助言を与えてくれたのがナミヤ雑貨店でした。
    みんなあなたの誠実な回答のおかげで、幸せな人生を送ることができました。
  • (50代男性)
  • 子供のときには理解できなかったことが大人になるとまた違った景色で見えるのだなと思わされました。
  • (40代女性)
  • 自分だったら何を相談するかなと考えながら読みました。いまの時代だからこそ、ナミヤ雑貨店があってほしいと。
    最後にそれぞれの人生がパズルのようにピタリとはまり、ジワリと胸が温かくなりました。
  • (10代女性)
  • 人はひとりでは生きられないし、支えあって生きていることを改めて感じさせてくれました。
  • (20代女性)
  • 古き良き時代を生きた人たちの、溜息と涙と喜びがすべて詰め込まれています。
  • (50代女性)
  • 自分の子供たちにも読んでほしい、そう思わせる作品でした。
  • (40代女性)
  • 最後の1ページを読み終えて、涙が止まりませんでした。
  • (40代男性)
  • 時には傷つけ、時には助け、人は気づかないところで人の人生に大きく関わっているんだなと実感しました。
  • (20代女性)
  • 小学校の時に埋めたタイムカプセルを思い出しました。ナミヤさんの優しさが時空を超えて悩める人に別の明日をもたらし、その悩める人が新たな奇跡を起こす。
  • (40代女性)
  • 魚屋ミュージシャンさん、あなたの選んだ道はけっして無駄ではない。
  • (30代男性)