山田風太郎賞

戦後日本を代表する大衆小説作家、故山田風太郎氏

2014年10月27日 第五回 山田風太郎賞が決定

『二千七百の夏と冬』 荻原 浩
(双葉社)2014年6月刊

著者略歴
荻原 浩(おぎわら・ひろし)
1956年埼玉県生まれ。58歳、男性。成城大学経済学部卒業。広告制作会社、コピーライターを経て、97年『オロロ畑でつかまえて』で第10回小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。2005年『明日の記憶』で第18回山本周五郎賞を受賞。著書に『誘拐ラプソディー』『神様からひと言』『あの日にドライブ』『四度目の氷河期』『愛しの座敷わらし』『砂の王国』『花のさくら通り』『二千七百の夏と冬』などがある。

候補作品

代償
 伊岡 瞬
角川書店
2014年3月刊
『二千七百の夏と冬』
 荻原 浩
双葉社
2014年6月刊
『ケモノの城』
 誉田哲也
双葉社
2014年4月刊
『悟浄出立』
 万城目 学
新潮社
2014年7月刊
『ナイト&シャドウ』
 柳 広司
講談社
2014年7月刊
※著者・五十音順